海外の動向

CFP & more –海外の動向

<主要なニュース(2011年9月~)>

2012年9月26~27日
ドイツ:"8th PCF World Summit"開催予定(於 ベルリン)
2012年4月17~18日
ドイツ:"7th PCF World Summit"開催(於 ベルリン)
2011年10月26~27日
ドイツ:"6th PCF World Summit"開催(於 ベルリン)
2011年10月25日
WRI/WBCSD:"GHG Protocol Product Program Workshop"開催(於 ベルリン)
2011年10月12~15日
韓国:"Low Carbon Green Growth EXPO 2011"開催(於 ソウル)
2011年10月5日
フランス:ラベリング実験についての情報更新
2011年10月
2011年9月27日
台湾:"2011 International Conference on Carbon Footprint"開催(於 台北)
2011年9月
イギリス:“PAS2050改訂版”発行

<海外動向調査報告書(2009年度~)>

2011年度(平成23)
海外のカーボンフットプリント制度の調査(平成24年3月公開)
2010年度(平成22)
海外のカーボンフットプリント制度の調査(概要版)(平成23年3月公開)
2009年度(平成21)
海外のカーボンフットプリント制度の調査(概要版)(平成22年3月公開)

<海外のCFP等 関連ホームページ>

CFPに関するISO規格(ISO14067)の動向

<策定開始時~現在>

カーボンフットプリント(CFP)の国際標準化に関する議論は、イギリスが2008年からPAS2050に基づきプロジェクトを開始したことをきっかけに、また、他国においても制度の検討が開始される中、国際標準化に関するニーズが高まった結果として、本格的に始まりました。
2008年1月のISO/TC207/SC7 メキシコ・シティ会合で、CFP制度の国際標準化を議論するワーキンググループとしてSC7/WG2が設置され、同年6月のSC7/WG2ボゴタ会合でCFP制度の国際標準化作業開始の提案(NP:New Work Item Proposal)が行われました。その後、加盟国による投票が行われ、同年11月にNWIPが承認、CFP制度に関する国際規格であるISO14067の開発が開始されることになりました。これまでに東京を含め、世界各地で計11回のSC7/WG2会合が開催されています。

現時点(平成24年7月現在)では、平成24年6月末に開催されたSC7/WG2バンコク会合の結果をふまえ、2度目のDIS(Draft International Standard)投票に向けたドラフトの策定作業が行われているところです。

イベント情報

メールマガジン

このページのトップへ